映画『世界から希望が消えたなら。』が2019年秋に公開決定!

幸せな日々を過ごしていた矢先、病が突如として襲い掛かる。
この世界に自分がいなくなったら?
医師から死の宣告を告げられた男が、いま、決意と使命を胸に立ち上がる。

誰も体験したことのない奇跡と感動のストーリー・映画『世界から希望が消えたなら。』が2019年秋に公開決定しました。
主演を務めるのは本作が映画初主演となる竹内久顕(たけうち ひさあき)さん。ベストセラー作家であり出版社の経営者でもある御祖真(みおや まこと)を熱演!余命宣告を受けながらも自分に与えられた使命を全うしようとする難役に挑戦しました。
そして、御祖真の秘書・藤坂沙織役を千眼美子(本名:清水富美加)さん、妻・御祖磯子役をさとう珠緒さんが務めます。千眼さんにとって今作は、女優復帰後3作目となる実写作品です。現在全国にて大ヒット上映中の『僕の彼女は魔法使い』(19年)では復帰後初の主演を好演し、作品も初登場第3位を飾るなど、女優としての輝きに更なる磨きがかかっています。そしてもう一人の重要な役回りを、さとう珠緒さんが熱演!さとうさんの映画出演は『白鳥麗子でございます!THE MOVIE』(16年)以来となります。
周りを固めるキャスト陣として、石橋保さん、芦川よしみさん、木下渓さんが出演。
監督は、社会現象を巻き起こした反町隆史・松島奈々子主演の「GTO」などヒット作を数多く手がけた赤羽博さんです。

 

本作でメガホンを取った赤羽博監督より、コメントが到着!

赤羽博監督コメント

「そう簡単にはないストーリーなので、かえって非現実でありえなくみえるが、実はそのただ一つのケースが、普遍性のある現在のヒーロー物語となっている。絶望の淵から『公』の意識に目覚め、自分の使命のため今の栄光も捨て、愛する者たちとも別れ『死』をも乗り越えて行く姿を通して、現代社会に生きる人々に愛と感動を与える物語となれば幸いです」