About the Movie

三十歳を前にして、商社を辞め、自らの思想を世に問いたいと思って作家になった。
作家人生は成功し、出版社を立ち上げ、十年が経った…
世間では、異例のベストセラー作家だと思われている。
しかし、私には、まだ世間にはあまり知られていない秘密がある。
私は…この世ならざる存在を感じ、その真実を知っている。

Introduction

もし明日、命が終わるとしたら、
今あなたにできることは何ですか。

突然、死の宣告をされた私は、
どんな気持ちで絶望の淵から這い上がり、
“復活”を遂げたのか。

仕事の重圧、家族とのすれ違い、そして病気――ほとんどの人が乗り越えられない「中年期の絶望」。その苦しみから蟻のような微力で這い出し、自らの使命にめざめ、世界の人びとのために命を懸ける“本当のヒーロー”の姿を見事に描き切った本作。
脚本は大川咲也加。主人公・御祖真(みおやまこと)には映画主演に初挑戦した竹内久顕。その妻・磯子役にさとう珠緒、真を尊敬し陰ながら支える秘書・沙織役に千眼美子が共演。そして田村亮、芦川よしみ、石橋保などの実力派俳優たちが奥深い物語に説得力を与える。監督はベテランの赤羽博。
病気に苦しむ人、挫折の中にある人、そして家族問題に悩む人びとを励まし、「人生の意味」や「本当の愛」とは何かを問いかける不思議な感動に満ちた傑作が誕生した。

Story

ベストセラー作家であり、自ら出版社を経営している御祖 真。妻や3人の子供にも恵まれ充実した日々を過ごしていた彼には、誰にも言えない“秘密”があった。
そんなある日、帰宅途中に胸の苦しみを感じた真は、外の空気を吸うために送迎車から降り、庭園を散歩する。そこでは結婚式が行われていた。娘の将来の花嫁姿を思い浮かべた矢先、激しい心臓発作に襲われその場に倒れてしまう。意識を失いかけた真の手には、トルストイ著『復活』が握られていた。緊急搬送された病院で医師から告げられたのは、無常にも“死の宣告”だった。

世界から希望が消えたなら。

Cast

竹内久顕

竹内久顕

Hisaaki Takeuchi

[御祖 真]

エリート商社マンとして海外でも活躍していたが、30歳で独立。現在は、ベストセラー作家であり、自ら出版社を経営している。

Comment

心不全と肺水腫──。御祖真に下された医師の判決は、死の宣告でした。病、仕事でのトラブル、家族の危機といった中年期の絶望は、ほとんどの人が乗り越えられないものです。御祖真の生きざまは、そういった挫折の中にある人にとって、一条の希望を見出すきっかけになると思います。映画初主演ではありましたが、命懸けで役と向かい合い、演じさせていただきました。御祖真のように、人生の奇跡を体験される方が、数多く現れることを願っています。この映画が、みなさんにとって、「ルルドの泉」となりますように。

千眼美子

千眼美子

Yoshiko Sengen

[藤坂 沙織]

黄金出版の社員で、真の秘書。入社する前から真の著作のファン。

さとう珠緒

さとう珠緒

Tamao Sato

[御祖 磯子]

真の妻であり、3人の子供の母親。黄金出版の専務取締役。

芦川よしみ

芦川よしみ

Yoshimi Ashikawa

[御祖 みき]

真の母親。家族のことを温かく見守り、支えてくれる。元理容師。

石橋保

石橋保

Tamotsu Ishibashi

[御祖 正]

真の父親。子供たちが幼い頃から宗教書や哲学書等を読み聞かせていた。

木下渓

木下渓

Kei Kinoshita

[御祖 玉美]

真の長女。しっかり者で、心優しい中学2年生。

田村亮

田村亮

Ryo Tamura

[桃山医師]

大浦龍宇一

大浦龍宇一

Ryuichi Oura

[虎川医師]

河相我聞

河相我聞

Gamon Kawai

小倉一郎

小倉一郎

Ichiro Ogura

Staff

赤羽博 [監督]

Hiroshi Akabane

Profile

マドリード国際映画祭 受賞トロフィー

1975年、専修大学法学部法律学科卒業後、フリーのテレビドラマの助監督となり、1985年には木下プロダクション(現ドリマックス・テレビジョン)に入社。TBS系連続ドラマ「毎度おさわがせします」で演出家としてデビュー。1988年、木下プロを退社し、当時所属していたプロデューサーの阿部祐三、ドラマディレクターの楠田泰之と共に、アベクカンパニーの設立に参画。以後、田原俊彦・野村宏伸主演の「教師びんびん物語」、反町隆史・松嶋菜々子主演の「GTO」を演出し、ヒットさせた。本作ではマドリード国際映画祭2019 外国語映画部門 最優秀監督賞、ザ・サウス映画芸術祭2019 8月度 長編部門 名誉監督賞を受賞。

Comment

そう簡単にはないストーリーなので、かえって非現実でありえなくみえるが、実はそのただ一つのケースが、普遍性のある現在のヒーロー物語となっている。絶望の淵から『公』の意識に目覚め、自分の使命のため今の栄光も捨て、愛する者たちとも別れ『死』をも乗り越えて行く姿を通して、現代社会に生きる人々に愛と感動を与える物語となれば幸いです。

大川咲也加 [脚本]

Sayaka Okawa

Profile

フローレンス映画賞 受賞トロフィー

ザ・サウス映画芸術祭 受賞証書

幸福の科学副理事長 兼 総裁室長。1991年、東京都生まれ。大川隆法総裁の長女。豊島岡女子学園中学校・高等学校、お茶の水女子大学文教育学部卒業。著書に、『わかりやすく読む「留魂録」』『新・神国日本の精神』『子供たちの夢、母の願い』『スピリチュアル古事記入門(上・下)』『大川咲也加の文学のすすめ~世界文学編~(上・中・下)』『娘から見た大川隆法』『小説 世界から希望が消えたなら。』(大川隆法原案)、絵本『マメだぬきの大さくせん』『成功者の町』『おひさま ポカポカ』『ありがとう』「世界の名作シリーズ」等が、編著に、『ただいま0歳、心の対話』(大川隆法監修、大川隆一協力)が、大川総裁との共著に、『幸福の科学の後継者像について』『心と政治と宗教』等が、大川直樹との共著に、『夫婦の心得』(いずれも幸福の科学出版刊)があり、発刊点数は50書を超える。映画「世界から希望が消えたなら。」(製作総指揮・原案 大川隆法/2019年10月公開)では脚本を担当し、フローレンス映画賞(イタリア)2019 7月度脚本賞、ザ・サウス映画芸術祭(チリ)2019 8月度長編部門名誉脚本賞を受賞。「大川隆法オリジナルソングス」の「HIKARI」では作曲・歌唱、「Hold On」「もう一度だけ」「The Real Exorcist」では編曲・歌唱を担当した。

水澤有一 [音楽]

Yuichi Mizusawa

Profile

ザ・サウス映画芸術祭 受賞証書

1960年新潟県生まれ。音楽理論を独学で習得し、シンセサイザーの多重録音を研究。映画「神秘の法」、「UFO学園の秘密」、「宇宙の法-黎明編-」、「NHKスペシャル『始皇帝』」、「ハウステンボス」等、数々の映画、CM、イベントの音楽を手がける。世界進出を機にアーティスト名を「M.I.Z.」に改名。その心を癒すメロディーは世界100ヵ国以上で聴かれ、高い評価を得ている。本作では、ザ・サウス映画芸術祭(チリ)2019 8月度 長編部門 名誉オリジナル楽曲賞を受賞。

竹内久顕 [総合プロデューサー(兼)主演]

Hisaaki Takeuchi

Profile

ザ・サウス映画芸術祭 受賞証書

1978年12月26日生まれ。東京都出身。2001年幸福の科学に奉職。現在はメディア文化事業局担当理事(兼)アリ・プロダクション㈱芸能統括専務取締役。2018年公開のアニメ映画『宇宙の法-黎明編-』 (日活) でプロデューサーを務める。俳優としては、2019年公開の映画『僕の彼女は魔法使い』(日活)に学校教師役で出演。また、同年10月18日公開予定の映画『世界から希望が消えたなら。』(日活) においては、総合プロデューサーと主演を務め、主題歌も担当した。CKF国際映画祭2019 8月度最優秀海外主演男優賞、ザ・サウス映画芸術祭2019 8月度長編部門名誉主演男優賞を受賞。

Novel & Guidebook

小説
「世界から希望が消えたなら。」

小説「世界から希望が消えたなら。」

僕は夜の沈黙の中、まだ生きていた。

ベストセラー作家を突然襲った、死の宣告。
絶望の淵から這い上がり、奇跡の復活を遂げ、世界の人びとのために命をかけて生きる姿を描いた神秘的な感動巨編──

脚本を手掛けた著者が書き下ろした小説では、登場人物たちの繊細な感情やすれ違うそれぞれの想い、そして物語の宗教的な真実がより丁寧に美しく描かれている。

「世界から希望が消えたなら。」
公式ガイドブック

「世界から希望が消えたなら。」公式ガイドブック

もし明日、人生が終わるとしたら──。

  • 製作総指揮・大川隆法 本作に関する法話&霊言を掲載(抜粋)
  • 脚本・大川咲也加 特別ロングインタビュー
  • 主演・竹内久顕ほか主要キャスト&赤羽博監督のここでしか読めないインタビュー&撮りおろしフォト満載!