映画『世界から希望が消えたなら。』が、ロサンゼルス・The Regal at LA LIVEで開催された「アウェアネス映画祭(Awareness Film Festival)」にて、「功労賞(Merit Award)」を受賞いたしました!
本日14日(月)12時(現地時間の13日(日)20時)から授賞式が行われ、主演兼総合プロデューサーの竹内久顕が参加しました。

受賞トロフィーと主演兼総合プロデューサーの竹内久顕

アウェアネス映画祭が開催された、ロサンゼルス・The Regal at LA LIVE

功労賞(Merit Award)トロフィー

本映画祭は、今年で10年目の開催で、1,000作品以上の応募があったそうです。
昨年、同じく製作総指揮・原案 大川隆法の映画『宇宙の法─黎明編─』がアニメーション部門の「審査員特別賞」を受賞。2年連続での受賞となりました!

本作を応援してくださっている皆様に、心より感謝申し上げます。

6カ国22冠!
『世界から希望が消えたなら。』10月18日(金)日米同時公開