幸せな日々を過ごしていた矢先、病が突如として襲い掛かる。
この世界に自分がいなくなったら?
医師から死の宣告を告げられた男が、いま、決意と使命を胸に立ち上がる。
 

映画『世界から希望が消えたなら。』の特報が解禁!

ベストセラー作家であり出版社の経営者でもある御祖真(竹内久顕)。「30歳を前にして商社を辞め、自らの思想を世に問いたいと思って作家になった」――自らの歩みを振り返る真。
仕事も私生活も順風満帆な日々に、突如として不幸が襲いかかる。
病院に救急搬送され、人工呼吸器を装着した真。「『肺水腫』と『心不全』です。」医師から病名を告げられ、気が動転する妻・磯子(さとう珠緒)。さらに、数日前にも心筋梗塞を起こしているとの診断に、茫然自失となった家族。
突然の危機に、御祖真、そして家族一人ひとりはどう向き合うのか。
「パパはもうこの命を惜しいと思っていないんだ」――覚悟を決めた真が見出した道とは。
秘書・藤坂沙織(千眼美子)は、「先生がお書きになりたいものを存分に書かれてください」と真を励ます。

「まだ生きている…」

“絶望の淵で見つけた、「希望」”とは何なのか。

本編公開が待ち遠しくなる特報が完成しました!

 

映画『世界から希望が消えたなら。』2019年10月18日(金)に公開決定!

本作の公開日が2019年10月18日(金)に決定しました!
時代が平成から令和へと移り変わっていく今、令和元年を飾る感動巨編として注目の作品です。
乞うご期待!